読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<HARUのゲームブログ>

私HARUがゲームについて語ります。 Twitter→@SniperHARU

HARUの語り①「スターフォックス ゼロ」について

任天堂宮本茂さんプロデューサーの「スターフォックス ゼロ」について。

クリアしたので思うところをつらつらと。

 

まず、面白かったかどうか。

超面白かった。歴代シリーズの中でも屈指の出来だと思う。

隠し要素も豊富にあり、周回プレイがまだまだ楽しめそうだ。

 

次に人にオススメできるかどうか。

ここが今回の話のメイン。

ハッキリ言って全くオススメできない!!笑

いや、正直任天堂がこのゲームを発売したことに驚いてる。

何を隠そうこのゲーム、ライトユーザーを完全に排除したゲームなのである。

(ぶっちゃけ売れるわけない)

 

なにがそうさせているのか。

大きな要因は以下の通りだ。

 

・操作が極めて複雑。(機体によっても操作が大きく変わる)

 

・2画面を上手く使わないと攻略できないようになっている。

 

・上記2つに加え、敵の攻撃も容赦ない。(つまり死にゲー)

 ※何度も死んで攻略を見つけて下さいゲー

 

基本的にこのゲームは「機体を左スティックで操作」+「ジャイロでレーザーエイム」

で機体を動かすことができる。

ジャイロが必須のゲームなので、常にパッドは固定したままだ。

ゲーム画面に合わせて動かそうものなら、ジャイロ操作にも影響が出てしまう。

 

この操作に加え、次に求められるのは2画面の活用だ。

「TV画面=ステージ全体表示」+「パッド画面=コックピット視点」この2つの

画面を使い、瞬時に攻略に必要な情報を把握する必要があるのだ。

 

これがどれだけ大変か…笑

 

ステージ全体画面で機体を動かしながら…エイムのときは瞬時にパッド画面を見てジャイロ操作で…というのがずっと要求されるのである。

 

これがやりはじめの頃はホントに苦しい。

 

訳も分からないままあっちこっちに機体が当たりまくるわ、敵の攻撃は避けれないわ、頭でイメージした操作ができずにテンパっちゃうわで、それはもうパニクりまくること必死。

 

逆にこのゲームの良かったところを。

 

・複雑な操作をマスターし、自由に動かせるようになった時の快感

 

・プレイする度に自分の上達を感じれる。

 

・BGMが素晴らしい

 

この複雑な操作を乗り越え、自由自在に操れるようになった時、このゲームへの評価は一変する。

 

「なんて楽しいゲームなんだ!こんな操作体験、他のゲームにはないぞ!!」と。

 

実際に自分が機体を操作しているような…そんな錯覚まで覚える。

ハッキリ言って、これほど自分の上達が嬉しくなるゲームはそうない。

 

何度も何度も死んで死にまくってを繰り返していくうちに、自分が上達しているのがハッキリ分かる。

 

まとめるとこんな感じ。

 

・ゲーム性…★★★★☆

・BGM… ★★★★

・爽快感… ★★★★★

・お手軽さ…☆

・達成感… ★★★★★

 

マリオブラザーズ2も高難度だったが、ここにきて宮本さんのドSさが炸裂するとは…

 このご時勢、こんなゲーム任天堂良く出したよ。(褒め言葉)

 

まさにこのゲームはゲーマーへの挑戦状である。

 

トライ&エラー系のゲームが好きな人には是非とも挑戦してもらいたい。

 

 

f:id:SniperHARU:20170205172058j:plain

自己紹介など。

はじめまして。

HARUと申します。

ゲーム関係のお仕事やってます。

このブログではゲームのお話メインでやりたいなぁと思っています。

(あとSNSであまり言えない本音なども)

宜しくどーぞヾ(oゝω・o)ノ))